株の配当利回りオススメ銘柄やランキング、株初心者向けの資産運用大型銘柄を中心に紹介します。配当金や株主優待、キャピタルゲイン狙いも。副収入獲得は当たり前の時代!!

【7201】日産自動車《輸送用機器》
※2018年11月20日追記有
WS000699

《※2018年8月24日現在》

時価総額:4,353,668百万円
単元株数:100株
最低購入金額:103,150円

■日産自動車の配当利回りまとめ

1株配当(会社予想):57.00円
配当利回り(会社予想):5.53%
権利確定月:3月/9月

日産自動車は神奈川県横浜市に本拠を置く、日本の自動車メーカーです。北米や欧州など先進国へは高級車ブランドの「インフィニティブランド」を、逆に新興国向けには低価格ブランドの「ダットサン」を展開する事で、効率的に自動車の販売を展開しています。

日本国内でも販売台数は順調で、2017年度の国内登録車台数はトヨタ自動車に次ぐ2位となっています。1999年には2兆円あまりの有利子債務を抱えた事で倒産寸前となりましたが、フランス自動車メーカーのルノーと資本提携を結び、傘下に入る事で立て直しを図った経緯もある企業です。

日産自動車は東証一部の大型株の中でも配当利回りが高い事で有名な企業でもあります。2009年のリーマンショック時は大きく株価を落とす自体となりましたが、その後は順調に回復しているようです。日産は自動車メーカーなので、ヒット車種を生み出す事が出来れば、株価も大きく上昇する可能性があります。

世界中の自動車メーカーが現在、電気自動車(EV)や自動運転化の分野へ大きく注力しています。今後、勢力図が一変してしまう可能性などもあるかもしれませんね。

また配当利回りが高い事で有名な企業の一つなので、権利確定月付近は価格が上昇する可能性もありそうです。

【※2018年11月20日追記】
日産自動車会長のカルロス・ゴーン氏逮捕のニュースで日産自動車は株価を下げています。その影響で配当利回りは一時6%に近い数値まで伸びました。日産が今後ルノー脱却を目指すのかなど動向に注目が集まりますが、いずれにしろ日産自動車は2016年7月以来、約2年4カ月ぶりの安値を付けた事で「お買い得感」が出たかもしれないです。日産自動車は高配当銘柄ですから今後も注目です。

■日産自動車株主優待まとめ

《※2018年8月現在》

株主様に日産車新車のご購入を検討されている方をご紹介いただき、紹介を受けた方が日産車新車をご購入された場合に、以下の特典を贈呈。

100株以上
紹介者である株主様ご本人:5,000円相当のギフトカード
・新車をご購入されたお客様(株主様本人のご購入を含む) :5,000円相当のカタログギフトを贈呈


ブログランキング「1ポチ」ご協力お願いします!!

にほんブログ村 株ブログへにほんブログ村

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へにほんブログ村

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索
  • ライブドアブログ