株の配当利回りオススメ銘柄やランキング、株初心者向けの資産運用大型銘柄を中心に紹介します。配当金や株主優待、キャピタルゲイン狙いも。副収入獲得は当たり前の時代!!

ブログ村ランキング参加中
カテゴリ別アーカイブ
【8058】三菱商事 《卸売業》
WS000781
《※2018年9月13日現在》
時価総額:5,135,948百万円
単元株数:100株
最低購入金額:323,000円
決算月:3月

■三菱商事の配当利回りまとめ
1株配当(会社予想):115.00円
配当利回り(会社予想):3.56%
権利確定月:3月/9月

日本で初めての株式会社を設立したのは坂本龍馬と言われていますが、その源流を受け継いだ岩崎弥太郎がが九十九商会を設立、後の三菱商会(現在の三菱商事)となります。三井物産、住友商事、伊藤忠商事、丸紅と共に日本の五大商社の一つに数えられます。

戦後に財閥解体があり、174の会社に分裂する事になりましたが、旧財閥系企業の活動制限緩和により、不二商事、東京貿易、東西貿易の三社に集約後、1954年(昭和29年)に旧三菱商事の光和実業が三菱商事の商号に復帰後3社を吸収する形で大合同した経緯があります。

貿易仲介が主力事業でしたが、1970年代からはエネルギー関連に注力し、他には化学品や食品などにも強みがあります。多くの分野に広い領域に渡って投資や経営参画を行っていますので、潰しが利くと言う意味でも大きな強みなのではないでしょうか。

長期チャートを見る限りは、リーマンショック後に大きく株価を落としてからは、アベノミクス以降も少し方向感を欠く動きを示していました。ですが、2016年後半から一気に上昇トレンドを形成していますので、今後更に伸びシロを見込めるかもしれません。

三菱商事の配当利回りは3.56%、これはTOPIXコア30の中でも高配当銘柄だと思います。同じ財閥系の三井物産辺りと比較しても同水準ですが、三菱商事の方が時価総額が大きい分、安定感があるかもしれませんね。

■三菱商事の株主優待まとめ
《2018年9月時点》

無し


ブログランキング「1ポチ」ご協力お願いします!!

にほんブログ村 株ブログへにほんブログ村

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へにほんブログ村


コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索
  • ライブドアブログ