株の配当利回りオススメ銘柄やランキング、株初心者向けの資産運用大型銘柄を中心に紹介します。配当金や株主優待、キャピタルゲイン狙いも。副収入獲得は当たり前の時代!!

【8766】東京海上HD 《保険業》
WS000794
《※2018年9月18日現在》
時価総額:3,985,474百万円
単元株数:100株
最低購入金額:532,800円
決算月:3月

■東京海上HDの配当利回りまとめ
1株配当(会社予想):180.50円
配当利回り(会社予想):3.38%
権利確定月:3月/9月

日本国内最大の損害保険グループが東京海上ホールディングスで、TOPIXコア30の構成銘柄です。本社は東京都千代田区で、「東京海上日動火災保険」「東京海上日動あんしん生命」「日清火災海上」などが傘下に入る保険持株会社です。

最近では日本国内だけではなく海外事業にも積極的に参画しています。現在では事業の45%は海外事業に注力しているそうです。資料を見る限りは売上高も右肩上がりで好調ですね。

「現代の錬金術」とも言われるのが保険事業です。保険会社は保険加入者から先に保険料を回収し、それを運用出来る強みがあり、保険事由が発生した場合のみ保険金を支払うと言う流れを構築しており、「後払いシステム」を上手く確立したビジネスモデルだと言われています。

また保険は還元率100%を切る商品とも言われていますので、商品を販売しても、全員に商品(保険金)を払う必要が無いビジネスモデルでもあります。

保険会社は手元のお金を減らす事なく、顧客の資金で運用を行う事で大きく成長を続ける事が可能となる訳ですね。その中でも東京海上HDは日本屈指の保険業グループなので、大型株としての安心感はありますね。アベノミクス以降は毎年配当金の増配が続いており、2018年時点では配当利回り3.38%とTOPIXコア30構成銘柄の中でも高配当水準です。毎年増配となっていますので、今後も増配する可能性もあるかもしれません。

長期チャートを見る限りは2012年頃から右肩上がりで好調ですね。年々増配している事から株主還元についても良く検討されている事が伺えます。かの有名な投資家ウォーレン・バフェットも保険会社に投資した事で財を築く事になったのは有名な話ですし、長期投資向きの大型株として保険業セクターは選択肢の一つに入れておきたいですね。

■東京海上HDの株主優待まとめ
《2018年9月時点》

無し

ブログランキング「1ポチ」ご協力お願いします!!

にほんブログ村 株ブログへにほんブログ村

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へにほんブログ村


コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索
  • ライブドアブログ