株の配当利回りオススメ銘柄やランキング、株初心者向けの資産運用大型銘柄を中心に紹介します。配当金や株主優待、キャピタルゲイン狙いも。副収入獲得は当たり前の時代!!

【9020】JR東日本 《陸運業》
WS000802
《※2018年9月19日現在》
時価総額:4,074,043百万円
単元株数:100株
最低購入金額:1,067,000円
決算月:3月

■JR東日本の配当利回りまとめ
1株配当(会社予想):150.00円
配当利回り(会社予想):1.41%
権利確定月:3月/9月

JR東日本の正式名称は東日本旅客鉄道株式会社で、1987年に日本国有鉄道(国鉄)から鉄道事業を引き継いだ旅客鉄道会社の一つとなります。関東地方、甲信越地方、東北地方を中心に鉄道路線を有していますが、他にも多様な関連事業も展開しています。本社は東京都渋谷区で、TOPIXコア30構成銘柄の一つです。

関東首都圏への一極集中は社会問題化していますが、今や日本人の3割強から4割近い人が東京通勤圏に在住しています。その人口集中エリアで多くの鉄道を持ち、通勤輸送を担っているのがJR東日本で、列車本数は1日あたり1万2229本、1日の平均輸送人員は約1750万人(2017年)にものぼるそうです。

鉄道事業への電力供給をする為に自社発電設備として神奈川県川崎市に火力発電所、新潟県小千谷市に信濃川発電所を所有しています。他にもホテル業、駅ビルなどの不動産業関係や飲食業、派遣業、広告代理業など様々な分野にビジネスを拡大しています。

日本のインフラを支える鉄道会社としてJR東日本は成長を続けていますし、長期チャートを見ると右肩上がりで好調ですね。上場来最高値はバブルの時期ではなく2015年と最近なのも良い傾向なのではないでしょうか。

但し、配当利回りは1.41%とお世辞にも良いとは言えません。元々「国鉄」だった事もあり、どちらかと言うと『資産株』としての役割を担っている部分も大きいとは思いますが、業績も好調なようですのでもう少し株主に還元して貰いたいところですね。

ですがJR東日本には「株主優待」があり、そちらでかなり還元してくれています。例えば日常的に新幹線を利用される方にとっては、新幹線が最大で4割引きになる優待は相当大きいですよね。新幹線の乗車券って高いですし…。そう考えると「配当利回り+株主優待」で相当な恩恵を受けられそうです。但し、日本の大動脈である東海道新幹線はJR東海の管轄になるので、JR東日本が運行する東北・上越・北陸・秋田・山形の各新幹線が対象です。その路線を良く使うかどうかですね。

長期保有する大型株としての安心感は非常に高い銘柄なので、対象路線の新幹線を良く使うかどうかで判断したいところです。

■JR東日本の株主優待まとめ
《2018年9月時点》

▼株主優待割引券
100株以上:100株ごとに1枚
1000株超:10枚+1000株超過分200株ごとに1枚
10000株超:55枚+10000株超過分300株ごとに1枚
20000株以上:100枚
50000株以上:250枚
100000株以上:500枚

運賃・料金割引券(自社営業路線内)1枚で2割引とし、4割引(2枚使用)が限度。
料金は片道の特急券・急行券・グリーン券および座席指定券(原則一列車に限る)。
グランクラス、個室および寝台列車(寝台を併結した列車の寝台車および座席車を含む。)を利用する場合は、運賃のみ割引対象。他割引との重複適用不可。
1年間有効

▼株主サービス券
100株以上:全株主一律一冊
JRE POINT引換券(通常ポイント500ポイント)1枚、GALA湯沢スキー場リフト割引券(正規料金の50%割引)3枚など。
1年間有効

▼JR東京総合病院 人間ドッグ料金割引券

1000株以上:全株主一律1枚
人間ドック基本料金を10%割引(一部メニューを除く)
予約期間:6月~翌年3月、受診期間:10月~翌年3月


ブログランキング「1ポチ」ご協力お願いします!!

にほんブログ村 株ブログへにほんブログ村

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へにほんブログ村


コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索
  • ライブドアブログ