株の配当利回りオススメ銘柄やランキング、株初心者向けの資産運用大型銘柄を中心に紹介します。配当金や株主優待、キャピタルゲイン狙いも。副収入獲得は当たり前の時代!!

【8591】オリックス 《その他金融業》
WS001118

《※2018年11月27日現在》
時価総額:2,380,359百万円
単元株数:100株
最低購入金額:179,700円
決算月:3月

■オリックスの配当利回りまとめ
1株配当(会社予想):76.00円
配当利回り(会社予想):4.23%
権利確定月:3月/9月

オリックスは大阪府大阪市に本社を置く、大手総合リース業です。祖業のリース業の他に、銀行・不動産・クレジット・ベンチャーキャピタル・プロ野球球団など多岐に渡る事業を展開しています。尚、オリックスは三和グループに属した企業であり、三水会及びみどり会の会員企業でもあります。

※三和グループとは…旧鴻池財閥と旧山口財閥が戦後財閥解体により再編し出来た企業グループである。

※三水会とは…三和グループの会長・社長クラスの役員のための親睦会。

※みどり会とは…旧三和銀行(現三菱UFJフィナンシャル・グループ)の取引先企業で構成された企業グループ。

1964年に三和銀行(現三菱UFJ)と日綿実業(現双日)を主体に日本で2社目となるリース会社として設立、1970年には大証二部へ上場、1971年に東証二部へ上場され、1973年に一部へ指定替えされています。

1988年に阪急ブレーブスを買収し、プロ野球界へ参入しました。どちらかというとオリックスはプロ野球のイメージが強い方も多いと思います。オリックスの現在の事業内容としては総合商社と金融ビジネスが合体したような企業といったイメージでしょうか。祖業のリース業はオリックスレンタカーは馴染みが深いですね。

長期チャートを見ると綺麗な上昇トレンドを形成していますね。東証一部の大型株の中でも株価が下がりにくく、常に注目される銘柄として人気が高いのがオリックス。その理由の一つに「配当利回り」があります。

オリックスは2018年前期で9期連続となる増配を実施しており、今後も更に増配が続くのではないかと予想するアナリストも多いですね。資料を見る限りは業績も右肩上がりですし、オススメの高配当銘柄の一つです。またオリックスは株主優待も有りますので、そちらも併せて考慮したいですね。

■オリックスの株主優待まとめ
《2018年11月時点》

100株以上
《3月末》
■ふるさと優待
オリックスグループの全国のお取引先が取り扱う商品を厳選してカタログギフトに仕立て、対象となる株主に、その中からお好きな商品を1点お選びいただく株主優待制度です。また、100株以上を3年以上継続保有いただいている株主の皆さまには、ワンランク上のカタログギフトをお届けします。

《3月末・9月末》
■株主カードの発行
株主カードのご提示により、オリックスグループがご提供する各種サービスを割引価格でご利用いただけます。レジャーやビジネスなど、さまざまなシーンで有効期限内に何度もご利用いただけます。
WS001119

▼管理人オススメの情報収集に便利なサイト
Ads by Steady.

ブログランキング「1ポチ」ご協力お願いします!!

にほんブログ村 株ブログへにほんブログ村

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へにほんブログ村


コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索
  • ライブドアブログ