株の配当利回りオススメ銘柄やランキング、株初心者向けの資産運用大型銘柄を中心に紹介します。配当金や株主優待、キャピタルゲイン狙いも。副収入獲得は当たり前の時代!!

【3092】ZOZO(ゾゾタウン) 《小売業》
WS001170

《※2018年12月4日現在》
時価総額:762,282百万円
単元株数:100株
最低購入金額:244,600円
決算月:3月

■ZOZO(ゾゾタウン) の配当利回りまとめ
1株配当(会社予想):36.00円
配当利回り(会社予想):1.47%
権利確定月:3月/9月

近年、メキメキと急成長をした「ZOZO」。社長の前澤友作氏が何かと世間を騒がせる事で、知名度としては相当なものですよね。では、何かと話題の「ZOZO」の配当利回りはどうなのか、チェックしてみたいと思います。

ZOZOの創業は1995年、洋楽のCDやレコードの通信販売から始まりました。1998年に有限会社スタート・トゥデイとして法人化。2004年に「ZOZOTOWN」を開設、2007年に東証マザーズへ上場し、2012年に東証一部へ市場変更を行いました。本社は千葉県千葉市美浜区です。

「ZOZOTOWN」はアパレル商品をメインに取り扱う通販業で、物流において全て自社内で行い作業の効率化やコストダウンを測っています。このやり方は、家具大手ニトリと同じですね。また革新的なサービスとしては、ツケ払い(後払いサービス)や顧客の体格に合わせたサービスを展開する「ZOZOスーツ」などが話題となっています。

ZOZOで注目したいのは「ROE」の数値。これが物凄いのですよ。

※「ROE」とは…企業の収益性を見る指標で、株主資本利益率とも言います。簡単に言えば、株主が出資したお金で利益をあげる為にどれだけ上手く活用されたかを示す指標となります。

ZOZOの「ROE」の数値は、東証一部上場企業の中でも断トツで一位。つまり「お金儲けが上手い企業」なんですね。企業としての成長性に期待出来る銘柄という事になりますね。配当利回りは1.47%と決して良くはありませんが、ZOZOの成長性に期待したいとお考えの方には良い銘柄かもしれません。2018年上旬をピークに現在は株価を落としていますので、押し目と考える事も出来るかもしれませんね。

■ZOZOの株主優待まとめ
《2018年12月時点》

無し。

▼管理人オススメの情報収集に便利なサイト
Ads by Cueinc.

ブログランキング「1ポチ」ご協力お願いします!!

にほんブログ村 株ブログへにほんブログ村

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へにほんブログ村

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索
  • ライブドアブログ